新人・若手社員の育て方

「新人が採れない、定着しない」
「入社3年目〜5年目の退職者が増えた」
人事担当者のこうした悩みは、残念ながらこれからもっと増えるでしょう。

何もせずに「求める人物」が採用できた時代は終わっています。
「先輩の背中を見て学べ」と思っているだけでは足りません。
他社のマニュアルや過去のやり方は通用しないこともあります。

人材育成には計画と戦略が必要です。
そこでは、偏りのない「観察力」や「理解力」が基本です。

人事としての長年の経験やカンが邪魔をして、
まっさらな目で観察したり、理解できないかもしれない、
そんな時こそ、外部のアドバイザーである私たちの出番です。

一緒に、マニュアルには載っていない
採用計画・人材育成戦略を立てていきましょう。